ネットショップを自分で運営する場合に必ず用意する必要があるページが特定商取引法に基づく表記のページです。
ネットショップで物を販売する場合は、特定商取引法に基づく表記のページを用意する必要がありますので、ネットショップを運営しようと思ったらまず一番初めに取り掛かる事をおすすめします。
特定商取引法に基づく表記のページと聞くと非常に堅苦しく難しそうだと感じるかも知れませんが、実際にはそのような事はありません。
消費者庁のホームページに、何を表記すれば良いのかが細かく書かれていますので作成前に一度確認するようにして下さい。

また、特定商取引法に基づく表記のページは、ネットショップの運営では義務という事で、必要とする人がたくさんいますので、インターネット上にテンプレートが用意されている事も多いです。

その中にはフリーで使用が可能なものも多くありますので、それを丸ごと使ってページを用意するのもおすすめです。
もちろん全てをそのまま使っても問題はありませんが、自分のネットショップでは不必要な項目がある事も多いので、使用前に手直しして下さい。

ネットショップ専用のサイトなどは予め特定商取引法に基づく表記を作成する為のプログラムが用意されている場合が多いです。
質問などに答える事で自動でページが出来上がるようなプログラムを用意しているサイトも多くありますので、気軽にインターネットで小売店を始めたいと思ったらそういったサイトを利用するのもおすすめです。

ネットショップ専用という事で必要なもの全てが用意されていますので、非常に気軽にネットショップを始める事が出来ます。

特定商取引法に基づく表記はあらゆるネットショップ、ECサイトで用意されていますので、よく分からないという事でしたら色々なサイトを覗いて参考にしてみてはどうでしょうか?

実際の特定商取引法に基づく表記のページを見る事でこの欄にはどういった事を表記すれば良いのかなどが分かりますので、何を書いたら良いのか分からないと思ったらあちらこちらのサイトを覗いてみて下さい。

基本的にはどのネットショップもECサイトも同じような事が表記されていますので、いくつか見ればどこに何を表記したら良いのかはすぐに分かるはずです。

特定商取引法に基づく表記のページのアップロードを忘れたからといってすぐに罰則があるわけではありませんが、長期間用意せずにいると行政指導の対象になる事もありますので出来るだけ早く用意する事をおすすめします。