メルカリで不用品を売る副業は、スマホを使って簡単にできる、不用品を販売して家の中がきれいになるといったメリットがあります。
家にあるものを販売するだけで、誰でも簡単に始めることができる副業ですが、やってみたものの思ったように売れない、稼げないという方がいるようです。
メルカリで稼ぐためには、3つのポイントがあります。

1.商品名に気を付ける

購入を考えているユーザーの多くは、検索をして商品を探しています。つまり、あなたが出品した商品を見つけてもらうためには、検索に引っかかるようにキーワードを選ぶ必要があるのです。
ブランドものを出品する場合なら、出品する際の商品名にブランド名を正しく記載します。アルファベットのブランド名なら、商品名をアルファベットで記載しておきましょう。しかし、カタカナで検索する人もいるので商品説明文ではブランド名をカタカナ表記にします。この逆で商品名はカタカナ、商品説明文ではアルファベットでも構いません。

2.出品時間に気を付ける

メルカリのトップページでは新着順に商品が掲載されます。
トップページに掲載されれば、購入を考えているユーザーの目に留まりやすくなります。
売れるようにするためには、あなたが出品する商品をどのような人が購入するか考えて、その人がメルカリを見るであろう時間に投稿することがポイントです。こうすることで新着として表示され、購入してくれそうな人の目に留まりやすくなります。

主婦の場合だと、子どもを保育園や幼稚園に送り届け、家事がひと段落したお昼頃にメルカリを見る人が多くいます。主婦が購入しそうなものは、この時間帯を狙って販売するとよいでしょう。学生向けの商品だったら、学校が終わるころが狙い目です。

3.写真を複数枚掲載する

掲載する写真の枚数が多いほど、購入者に商品の状態が伝わりやすくなり、安心して購入しやすくなります。商品写真は可能な限り多く掲載するようにしましょう。

このときに、全体の写真とアップにした写真を掲載することがポイントです。たとえば衣類の場合、全体がわかる写真と袖や襟などの状態がわかる写真を掲載します。中古品の衣類は袖や襟が伸びていることがあるので、そういったことがわかるようにアップで撮影した写真を載せるのです。

化粧品やブランド物のの場合はブランド名がはっきりわかるような写真を掲載しましょう。偽物でないことがわかるようにすると購入者は安心できます。